十二世紀のルネサンス: ヨーロッパの目覚め

Front Cover
イタリア・ルネサンス以前、十二世紀の西欧ではすでに知的復興が行われ、活き活きと文化が華開いていた。ローマ古典の再発見、新しい法学、アラビアの先進知識との遭遇、大学の誕生。「封建的で陰惨な断絶された時代」という中世の理解は正しいのか―精緻な写本研究と文献学の成果で西洋史に新たな枠組みを提示し、今も指標とされる不朽の名著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information