現代日本の経済論

Front Cover
日本経済評論社, 1997 - Japan - 231 pages
ポスト冷戦と市場経済下の大競争、経済のグローバル化と情報化の急展開、バブルの膨張と崩壊―カジノ資本主義、為替相場に振り回される景気と経済、進展する政府のリストラと規制緩和、黒字大国日本の対外進出と国際批判の高まり...。激動する現代経済の新しい動向を射程に入れて特徴と問題点を抽出しつつ、望ましい将来の展開方向を提示する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information