五感で磨くコミュニケーション

Front Cover
日本経済新聞社, 2006 - 185 pages
今日のコミュニケーションはますます多様化しています。ものの見方、体験、考え方が異なる人同士が向かい合っているという前提で話をすることが求められています。本書ではNLP(神経言語プログラミング)の要素であるボディランゲージや口調の一致、相手の言葉を繰り返すなどの動作を解説。どのようにすれば相手の信頼を得ることができるかていねいに説明します。上司や部下とのやりとり、初対面の相手との商談、大勢を相手にしたプレゼンなど、さまざまなビジネスシーンですぐに使える実践的な方法を伝授します。日常会話や職場で相手を傷つけずに自分の主張を受け入れてもらう話し方についても紹介します。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information