名乗らじ空也十番勝負(八)

Front Cover
文藝春秋, 2022 - 336 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
安芸広島城下で空也は、自らを狙う武者修行者、佐伯彦次郎の存在を知る。武者修行の最後の地を高野山の麓、内八葉外八葉の姥捨の郷と定め、彦次郎との無用な戦いを避けながら旅を続ける空也。京都愛宕山の修験道で修行の日々を送る中、彦次郎は空也を追い、修行の最後を見届けるため霧子、眉月が江戸から姥捨の郷に入った。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information