ヒト・仕事・職場のマネジメント: 人的資源管理の理論と展開

Front Cover
ミネルヴァ書房, 2016 - 226 pages
バブル崩壊後、日本の経営は「雇用重視」「株主重視」に揺れ、日経連(当時)報告書「新時代の『日本的経営』」以降は、雇用形態の多様化、成果主義など米国流の人的資源管理の流れが強まった。リーマン・ショック以後は、派遣、非正規雇用の問題が顕在化し、日本の労務管理の変容は複雑な様相を呈している。本書はそうした課題の根幹にある理論の流れを再検証し、人間性重視の観点からその解決方途と今後の行方を展望する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information