リズムの本質

Front Cover
みすず書房, 2006 - 142 pages
星の運行や四季の変遷のリズム、波の運動や植物の生長のリズム、動物の身体運動のリズム、生理のリズム、生活のリズム、音楽のリズム、色彩・文様のリズム、線のリズム、詩のリズム...われわれはリズムの世界に住んでいるが、そのリズムとは、さて何であるのか?それは周期的な反復現象であるが、同じ意味で使われる拍子(Takt、タクト)とはどう違うのか?ここに「生命」と「精神」についての独創的な思想家クラーゲスの真の思索と探究がはじまる。その魅力、若さ、強さ、深さ―彼の精神の火の点じられるところ、すべては明晰な秩序に置かれる。彼は人を豊かにし、より多くの体験を与える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information