現代批評の遠近法: 夢の外部

Front Cover
講談社, Mar 10, 1998 - Criticism - 265 pages
ポスト・モダニズムはその内実がよく理解できるようになるに従って、文学にとっても思想にとっても反動的性格を持つものであることが見えてきた。この評論集一冊は、そういった文学と思想の潮流に対する対抗である...。「在日」の苦しみを深く表現した金鶴泳文学への共感に始まり、「二十世紀末の無神論」としてのポスト・モダニズムから、昭和と天皇制の問題をも考察。竹田思想の真髄を示す好著。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information