構造物の地震リスクマネジメント: リスクを定量的に分析し、損失を抑える手法とは

Front Cover
山海堂, Apr 10, 2002 - 180 pages
「地震リスクマネジメント」とは、リスクを定量的に認識して、それを低減する具体策を見いだすために、統計学、地震学、地震工学、構造工学などの分野の技術を集積し、実用的なツールとして体系化したものである。本書では、建設分野におけるリスクの定義からスタートして、リスクの記述方法、リスクマネジメントの方法論をわかりやすく解説したうえで、具体例を上げながらリスクマネジメントの実際を示していく。建設分野のみならず、あらゆる分野に応用できる内容である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information