ヘゲモニの逆說: アジア太平洋戦争と米国の東アジア政策,1941年~1952年

Front Cover
世界思想社, 1999 - International relations - 262 pages
戦後ヘゲモニー国家米国は、その至上の力の行使で自ら権力基盤を掘り崩した。本書では戦中および戦後初期の米中・日米関係に焦点を合わせ、ヘゲモニー概念を用いて米国の権力の代償を描く。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information