女の旅: 幕末維新から明治期の11人

Front Cover
中央公論新社, Mar 25, 2012 - Women - 223 pages
江戸期以前、女性が一人で旅することは難しかった。身の危険、歩きという制約、何より、男に付き従う姿こそ美徳とされたからだろう。だが、明治維新による文明開化以降、女性たちの旅は少しずつ広まっていく。本書は、日記、手記、聞き書きなどの記録から、全国漂泊、京都への出奔、遊説、米国留学、富士山越冬、蒙古行などの足取りを再現。男尊女卑の風潮が強いなか、時代に立ち向かった女性たちの人生を描く。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information