春のおかず

Front Cover
農山漁村文化協会
農山漁村文化協会, 2003 - Cooking, Japanese - 250 pages
本書では、春のおかずの数々を収めている。季節があって、素材と出合い、調理が生まれる。日本の家庭料理は季節と食材と調理技法との出合いである。それが体の要求とも合致する。旬の食材をその日の家族の希望や季節の行事に添って調理するところに、それぞれの時季の家庭料理が生まれる。本書ではこのような考え方にたって、その料理の主要な材料を“野菜”“豆類、豆腐、こんにゃく”“山菜、野草、きのこ”“海の幸、川の幸”“肉、卵”に大別し章立てしている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information