データを紡いで社会につなぐ デジタルアーカイブのつくり方

Front Cover
講談社, Nov 15, 2013 - Social Science - 272 pages
著者・渡邉英徳氏は、「ナガサキ・アーカイブ」「ヒロシマ・アーカイブ」「沖縄平和学習アーカイブ」「東日本大震災アーカイブ」等、グーグルアースに証言や写真、動画等を載せたデジタルアーカイブを地元の人々との協働により制作、注目されています。肩書は情報アーキテクト。データを見やすくデザイン、貴重な記録を時空を超えて伝え「記憶のコミュニティ」をつくる―そんな仕事を通して現代におけるデータのあり方を語ります。(講談社現代新書)

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information