ナショナリズムの超克: グローバル時代の世界政治経済学

Front Cover
NTT出版, 2008 - 448 pages
ナショナリズムでも理想主義でもない、グローバル時代にふさわしい政治経済学とは何か。国民/国家という概念では、もはやテロや環境問題などのリスクを解決することはできない―。世界の権力ゲームの勝者となるのは誰か?「リスク社会論」「コスモポリタン主義」を提唱する著者が、『文明の衝突』(ハンチントン)、『“帝国”』(ネグリ=ハート)を超えて明らかにする21世紀の新しい社会理論。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information