母性とメンタルヘルス

Front Cover
日本評論社, Dec 25, 1999 - 405 pages
心理学的医学の立場からみると、出産は人類の経験の中で最も複雑な出来事である。妊娠中とその後には、多くの障害が生殖過程に影響を及ぼし、合併症が生じる。本書は、それらに関する著述を将来の研究に対する基盤として整理したものである。単なる精神医学の研究ではなく、心理学、ソーシャルワーク、家庭訪問、助産婦学、学術的看護学、一般診療、産科学、小児科学、薬理学、病理学といった多くの学問の分野からの労作を抽出した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information