都市水管理の先端分野: 行きづまりか希望か

Front Cover
技報堂出版, 2003 - 419 pages
都市水問題は地球上で山積している。水資源管理の間違い、淡水利用の増加する競合、時として予想もつかない影響を与える汚染による水資源劣化などが問題の先鋭化を進めている。都市の爆発的成長、特に途上国のメガシティの出現は目に見えて問題を示しており、大規模な都市集中にまかせるままで管理不能、計画不能の状況悪化となっている。このような厳しい状況に直面して、社会全体、都市計画者、管理者、意思決定者、特に次代を背負う世代は恐ろしい課題に挑戦しなければならない。本書は、これらの課題について現実的で建設的な回答を提出している。都市水管理について前進的な視点で知識と経験の先端を調査し紹介している。主題と専門性を踏まえた多面的な視点で現状を解析し、解決の方向を示している。このため、執筆陣には広く国際的にそれぞれの分野で認められた著者を世界中から招いている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information