第3のビールは、なぜビールの味がするのか?: 新ジャンルの味覚を作る技術

Front Cover
技術評論社, Jan 10, 2010 - 174 pages
日本が生んだ日本だけのお酒―発泡酒と「第3のビール」。世界的にも高いビールへの課税に対し、ビールメーカーは不屈の努力で新ジャンルを生み出し続け、ついに麦を使わずに造るまでに到達する。そのうえ糖質フリー、プリン体カット、完全アルコールゼロまで実現した。醸造という自然の営みが生みだす味を、人は技術でどこまで再現できるのか。味覚の官能に技術で挑んだ、ビール味の飲料をめぐる物語。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information