構造力学概論

Front Cover
森北出版, 2000 - 183 pages
本書は、構造力学をこれから学ぼうとする読者のために書かれた入門書である。本書では、構造力学の本質や全体の流れを理解することを重視し、必要最小限と思われる事項に掲載内容を整理している。これまでの構造力学の叢書で触れられているところが省略されていたり、あまり厳密な証明をしていないところもあるが、随所に関連した演習を挿入してそれを補い、学習を進めながら数式運算の確認や論理展開の理解が得られるようになっている。そして、新しい時代の構造力学の入り口にも容易に達することができるよう配慮されている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information