シュトルム名作集, Volume 1

Front Cover
19世紀ドイツの市民的写実主義の作家・詩人テーオドール・シュトルム―ドイツ文学の真珠といわれる、美しくもはかない青春の悲恋を描く、初期の代表『みずうみ』、そして本邦初訳作品『荒地の村』を含む初期から中期の14篇を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information