史料学入門

Front Cover
東京大学教養学部歴史学部会
岩波書店, 2006 - 271 pages
歴史学の基礎作業ともいうべき史料の批判的な解読作業から、どのような豊かなイメージを引き出すことができるのか。本書は、初学者に向けて古今東西の様々な事例を紹介しつつ手ほどきする歴史学入門。史料解読の重要性と面白さを講ずることで、歴史学の何たるか、また歴史研究の醍醐味を伝える。大学教養課程における歴史論の基礎教材として構想されたテキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information