いのちのバトンを受けとって: 看取りは残される人のためにも

Front Cover
農山漁村文化協会, 2012 - 32 pages
看取りは、いのちのバトンリレー。それは、亡くなる人が代々受けつぎ、自身の人生でもたくわえてきた、あふれんばかりの生命力と愛情を私たちが受け取ること。そしていつか自分が「旅立ち」を迎えたときに、愛する人に手渡していくこと。大切な人たちに囲まれたあたたかな看取りによって、いのちのバトンはずっと受けつがれていきます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information