死者と生きる中世: ヨーロッパ封建社会における死生観の変遷

Front Cover
白水社, Jul 25, 1999 - 270 pages
死者とは生きている人間にとってどんな意味をもっていたのか。死者と生者の間での贈与交換、聖遺物礼拝、聖人伝研究を通してみた中世社会。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information