赫衣の闇

Front Cover
文藝春秋, Dec 9, 2021 - Fiction - 344 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
……じた、じた、じたっ。湿った地面を踏み締めながら、どこまでもおいかけてくる——闇市の路地に巣食う真っ赤な怪人の謎。 舞台は敗戦直後の東京。物理波矢多シリーズ最新作となる、渾身の書下ろし長編ホラーミステリー!! 「赤迷路」の通称を持つ闇市に、若い女性を付け回す怪人「赫衣(あかごろも)」が出没するという。 『黒面の狐』事件後、友からの依頼でその真相を探る物理波矢多(もとろいはやた)は、 闇市「赤迷路」に巣食う怪人「赫衣」の正体を調べるなかで、凄惨な殺人事件に遭遇する。 炭鉱を突如襲った連続怪死事件を追う——『黒面の狐』、 灯台に憑いた怪異は時を超える——『白魔の塔』 に連なる、ホラーミステリーの名手、シリーズ第3弾! 物理波矢多:満州の建国大学に学び五族協和の理想を求めたが、敗戦に接して深い虚無に囚われ、以後は国の復興を土台で支える職を求めようとする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information