階級「断絶」社会アメリカ: 新上流と新下流の出現

Front Cover
草思社, 2013 - 558 pages
経済力だけでなく、倫理観、価値観においても圧倒的な「階級格差」が生まれてしまったアメリカの現状を、リバタリアンの論客が詳細に分析した一冊。従来とはまったく異なる階層の存在を指摘し、二つの階級の断絶が社会を崩壊させると警鐘をならす。福祉の充実ではなく、かつてのアメリカ人が持っていた価値観の再建こそが重要と主張して全米で大論争を巻き起こした話題の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information