快読シェイクスピア

Front Cover
筑摩書房, 2011 - 298 pages
シェイクスピアの作品にまつわる数々の不思議や疑問について、臨床心理学第一人者と気鋭の翻訳家が謎解きをすると、ぴったり息の合った二人ならではの結論が導き出される。四百年前に一人の人間が書いた三十七の演劇が、なぜ現代に生きる私たちをこんなにもひきつけるのか、初心者もマニアも納得できます!『リア王』『マクベス』など未収録の四編を追加した貴重な増補版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information