記憶をあやつる

Front Cover
KADOKAWA, Jun 25, 2015 - 198 pages
異なる古い記憶を人為的に組み合わせ、新しい記憶を作り出す―。記憶の形成に関与する分子を発見し、分子レベルで記憶を操作する可能性を拓いた著者の最新の研究成果とは?記憶の基本システムを解明した利根川進らの実験など、記憶研究の歴史を辿り、著者グループによる記憶合成の驚くべき実験の全貌と、トラウマを抑制する「記憶の医学」に挑む脳科学の最前線を、豊富な図解とともに誰にもわかりやすく解説する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information