身代わり忠臣蔵

Front Cover
幻冬舎, 2018 - Japan - 231 pages
江戸城松の廊下で、高家・吉良上野介が播磨赤穂藩藩主・浅野内匠頭に斬りつけられた。浅野は即日切腹の上お家は断絶、吉良は額と背中を斬られただけで一命を取り留めたはずだった。しかし...。衣食住に女にと、何不自由ない暮らしを謳歌する“吉良上野介”だったが、赤穂浪士の仇討ち話を耳にして―。替え玉人生の極楽と地獄を描く“異聞”忠臣蔵!!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information