歴史の中の貨幣: 貨幣とは何か

Front Cover
文眞堂, 2012 - 225 pages
貨幣の本質は抽象性と債務性にあり、信用が貨幣である。価値を尺度する貨幣はイマジナリーであり、貨幣の起源は商品交換ではなく、債権債務にあった。忘れられたイネス、クナップ、ケインズ(古代通貨草稿)の貨幣論を踏まえ、新たな貨幣論を提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information