キリスト教美術の誕生とビザンティン世界: キリスト教美術の誕生とビザンティン世界

Front Cover
中央公論新社, 2016 - 607 pages
西欧初期中世の美術は、地中海世界の伝統とケルト、ゲルマン、オリエントの躍動的な出会いだった。具象と抽象が織りなす独創的なキリスト教美術が誕生し、古代ローマの遺産は新たな王国に正統性を与えた。一方、千年にわたるビザンティン美術は、イコン破壊令という試練を経て、神の表現を極め、壮麗な聖堂や繊維なモザイク、写本装飾に結晶させた。精緻な構想による聖堂壁画は幾重もの意味を担い、ビザンティン人の精神を今に伝える。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information