鹿野政直思想史論集, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2007 - Japan - 437 pages
人びとの救済への願望は、いかにしてデモクラシーに対する敵意へと転回していったのか。その崩壊に至る内的要因を照らし出した一連の論考と、制度化してゆく学問と果敢に対峙した「民間学」についての論考とを合わせて、著者の大正デモクラシー研究を集成する。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Common terms and phrases

Bibliographic information