尿失禁の手術

Front Cover
山口脩
メジカルビュー社, 2000 - 120 pages
我が国でも尿失禁への関心がこの10年間で急速に高まり、外来を受診する患者数は年ごとに増加している。尿失禁はQOLを著しく損なう疾患であるため、これが治癒したときの患者の喜びは大きく、医師にとってもそれだけやり甲斐のある分野である。Urologic SurgeryシリーズのNo.3では、女性腹圧性尿失禁、膀胱膣瘻および男性尿失禁に対する手術を取り上げ、それぞれにおける実践的な手技が解説されている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information