‘モダニスト’女性作家: 語りの戦略

Front Cover
八潮出版社, 1998 - 404 pages
いま、いちばん求められているのは発想の転換であろう。ケンブリッジ大学きっての理論家K.ウィーラーが英米女性作家の名作からモダニズムを読みとく本書は、ポストモダンの時代風潮のなかで21世紀に向けてなにをどうすべきか、読者ひとりびとりの想像力への問いかけでもある。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information