はじめに線虫ありき: そして、ゲノム研究が始まった

Front Cover
青土社, 2006 - 288 pages
微細で広大なゲノム研究、そしてゲノミクスという動的アプローチのはじめにあった線虫研究。分子生物学開祖・ノーベル賞受賞者シドニー・ブレナーと奇才科学者たちがこの単純な生物に見たものは、生命の謎を解く豊かな可能性だった。バイオ企業からの誘惑には見向きもせず、奇人と言われつつも線虫のスライスの中に真実を探し続けた、まったき研究者たちの情熱と執着の軌跡。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information