嗅覚はどう進化してきたか: 生き物たちの匂い世界

Front Cover
岩波書店, 2018 - Smell - 144 pages
視覚や聴覚に比べて複雑で、多くの謎が残る嗅覚。人間は400種類の嗅覚受容体で何万種類もの匂いをかぎ分けるが、そのしくみは?嗅覚受容体の種類は、イルカはほぼ0、ゾウは2000と、種により大きな開きがある。環境に応じて、ある感覚を豊かにし、ある感覚を失うことで、種ごとに独自の感覚世界をもつにいたる進化の道すじ。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information