アメリカにおける大学の地域貢献: 産学連携の事例研究

Front Cover
中央経済社, 2009 - 229 pages
地域が大学に期待しているのは単なる雇用主、消費主体としての役割だけではない。大学の研究成果が地域内で事業化されること、地域の企業に移転されることによる高付加価値・高賃金なハイテク産業の振興を望んでいるのである。アメリカの大学とその地域を事例研究することで、いかにして研究能力の高い大学が生まれ、地域におけるイノベーションの群生に結びついたのかを分析するとともに、後発組が模倣することの難しさについても考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information