近代生物学史論集

Front Cover
みすず書房, 2004 - 381 pages
生物学の視点から科学革命を再考し、生物学史の意味を真摯に問いかける。“科学史のセミプロ”を自称しながら独自の道を切り拓いてきた著者の爽やかな論文集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information