羅生門・鼻・芋粥・偸盗

Front Cover
岩波書店, 2002 - 182 pages
王朝末期の荒廃した都を舞台に展開する凄惨な人間絵巻「羅生門」、師漱石も賞賛した、長い鼻を持つ禅智内供の内心の葛藤「鼻」、芋粥に異常な執着を持つ男「芋粥」、女をめぐる盗賊の兄弟の確執「偸盗」。いずれも『今昔物語』『宇治拾遺物語』などに素材を得たもので、芥川王朝物の第一冊として編集。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information