陸游詩選

Front Cover
一海知義
岩波書店, Dec 14, 2007 - 413 pages
南宋随一の詩人陸游(1125‐1209)。国土の半分を金に奪われた祖国を憂え、世に容れられぬ主戦論者として、波瀾の生涯を送る。放翁と号して不正や怯懦を歯に衣着せず批判する一方、異土の山水、故郷の風物に目を凝らし、農村の営みをこまやかに歌う。生涯に約一万首の詩を残した巨大な詩人の愛国詩・閑適詩一六七首を精選。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information