バルザック芸術/狂気小説選集: 文学と狂気篇

Front Cover
水声社, 2010 - 387 pages
吝嗇家の夫との田舎暮らしの虚しさを埋めるため、詩を書きはじめたディナ。それが話題となり、批評家ルーストーの愛人となった彼女は、とうとう夫を捨て、パリへと出てくるが...。ジョルジュ・サンドを彷彿させるような女作家を主人公とした表題作など、「文学」と「狂気」が交錯する2篇を収録。すべて新訳の新シリーズ第3弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information