追体験の試み: ヘルダーの「シェイクスピア論」並びにワーズワース研究

Front Cover
英宝社, 2006 - Time in literature - 226 pages
シェイクスピア劇の本質を捉えたドイツの思想家ヘルダーの評論と、文壇デビュー当時のワーズワースの問題意識を解明。“付録”として、アメリカの誇る女流詩人エミリー・ディキンソンの小品を論じた明快なエッセイを収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information