センセイの鞄

Front Cover
文藝春秋, 2004 - Japanese fiction - 278 pages
駅前の居酒屋で高校の恩師と十数年ぶりに再会したツキコさんは、以来、憎まれ口をたたき合いながらセンセイと肴をつつき、酒をたしなみ、キノコ狩や花見、あるいは島へと出かけた。歳の差を超え、せつない心をたがいにかかえつつ流れてゆく、センセイと私の、ゆったりとした日々。谷崎潤一郎賞を受賞した名作。

What people are saying - Write a review

User ratings

5 stars
4
4 stars
3
3 stars
6
2 stars
0
1 star
1

Review: センセイの鞄 (文春文庫)

User Review  - nhなっちゃん - Booklog

2014/03/27 Read full review

Review: センセイの鞄 (文春文庫)

User Review  - えり - Booklog

2008.08.26 Read full review

Other editions - View all

Bibliographic information