記憶と忘却の政治学: 同化政策・戦争責任・集合的記憶

Front Cover
明石書店, 2000 - Buraku people - 313 pages
この本に収めた三つの部分は、敗戦から50年を契機に、著者が社会科学の方法的反省を試みた『社会科学再考―敗戦から半世紀の同時代史』を基礎として、当面緊急な課題と感じられる具体的な問題に即して三つの主題にとりくんだものである。発展主義と国民国家の思考枠組という日本の社会科学における宿弊を克服する試みを、現実分析の中で企図した。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information