線形弾性論の基礎

Front Cover
コロナ社, 2002 - 164 pages
本書は、著者の東北大学工学部および大学院工学研究科における講義の経験に基づき、材料力学に引き続いて、機械・構造物の合理的な設計基準を定めるための基礎工学である線形弾性論について入門的内容を解説したもので、工学部2・3年次学生を対象とした初級レベル入門書である。また、大学院生・研究者が中・上級レベルの弾性および固体の力学を勉強するための入門的参考書としても有用である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information