牧神の影

Front Cover
筑摩書房, 2018 - 384 pages
0 Reviews
深夜、電話の音でアリスンは目が覚めた。それは伯父フェリックスの急死を知らせる内線電話だった。死因は心臓発作とされたが、翌朝訪れた陸軍情報部の大佐は、伯父が軍のために戦地用暗号を開発していたと言う。その後、人里離れた山中のコテージで一人暮しを始めたアリスンの周囲で次々に怪しい出来事が...。暗号の謎とサスペンスが融合したマクロイ円熟期の傑作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information