脳と心をあやつる物質: 微量物質のはたらきをさぐる

Front Cover
講談社, 1999 - 190 pages
脳と心に快楽や恐怖をもたらす薬と食べ物。なぜだか頭の冴えるときとボケるときがある。なんだか心が晴れる日と憂うつな日がある。そのとき脳ではたらいている物質は、食べ物や大衆薬を通して日常的に摂取している。脳と心の“薬”と“毒”の正体を見る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information