島崎藤村研究: 小説の世界

Front Cover
近代文芸社, 2010 - 467 pages
“湿れる松明のごとく”営まれた藤村研究の精華―『春』への熱い共感から出発し、『夜明け前』を遠望しながら、藤村そして自らが生きた時代に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information