精神医療・診断の手引き: DSM-3はなぜ作られ、DSM-5はなぜ批判されたか

Front Cover
金剛出版, 2014 - 201 pages
精神科診断は、DSMというマニュアルに頼るのではなく「症状をじっくりと観察する」ことが第一である。当たり前のことだが、それが忘れ去られようとしている。「病名を付ければよい、そして、それに基づいて薬を処方すればよい」という風潮が強まったのは、DSM=3が導入されてからだ。と批判的に言う人がいるが、著者はそうではない、と考える。そこには現代精神医学が抱える問題がある。DSM‐3が「必要」になった背景とその後の展開、そして、DSM‐5の作成をめぐっての「批判」を紹介しながら、著者の精神医療論を語る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information