フランスの同性婚と親子関係: ジェンダー平等と結婚・家族の変容

Front Cover
明石書店, 2019 - 205 pages
2013年、フランスでも、「みんなのための結婚法」が成立し、同性婚が認められた。本書は、新しいジェンダー・アプローチから、同性婚が認められるまでの法的・社会的な歴史を紐解くとともに、男女平等の時代における親子関係の法的矛盾を明らかにすることで、抜本的な法改正のための議論の枠組みを提示する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information