民法の基礎, Volume 2

Front Cover
有斐閣, 2006 - 322 pages
作り方は総則と全く同じ、具体的Caseから法律論を通じてその展開の方法を示す。分かりにくいと言われているこの分野が手に取るようによくわかる。目からうろこが落ちる絶妙な解説手法で複雑な判例・学説を分かりやすく整理。初学者はもちろん法科大学院生まで、誰にとっても読み応えのある一冊。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information