興亡の世界史地中海世界とローマ帝国

Front Cover
講談社, 2017 - 397 pages
古代ローマ史には、「人類の経験のすべてがつまっている」という。都市国家に溢れる「共和政ファシズム」のエネルギー。ハンニバル率いるカルタゴとの死闘。カエサルとアウグストゥスが開いた帝政。人類初の「世界帝国」出現と、一神教世界への転換。そして帝国が終焉を迎えた時、文明は大きく変貌していた―。多彩な人物とドラマに満ちた千年史。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information