ミシェル・フーコー思考集成 X: 倫理/道徳/啓蒙

Front Cover
小林康夫, 石田英敬, 松浦寿輝
筑摩書房, 2002 - 389 pages
『性の歴史』2、3巻が刊行された1984年、その6月にフーコーを襲ういたましい死。最後の二著で発展を見た自己の技法の問題系をおし進め、カントの啓蒙の問いとの接続をとげた「啓蒙とは何か」他を収録。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information